ナースになろう

僕は3歳半のとき、エリザベスアーデンのクリーム を初めて使いました。 父が駐留軍から入手してきて塗って くれたんです。そのとき、僕の頬は木枯らしによるあ かぎれを起こしていて、ケアを必要としていたの。そ れをつければ痛くならないから使い続けてきた……そ れが今日の大高のスタートです。おっぱい体操

本来、肌には自分で潤わせたり保護したりする力が 備わっているので、甘やかすのはよくない。でも、も つとよくないのは、トラブルを起こした肌をそのまま 放っておくコト。例えば僕が3歳半のとき、寒風で痛 めた肌にクリームをつけてもらっていなかったら、今、 この肌ではいられなかった。ゼッタイにそう言い切れ るのね。

化粧はトライアンドエラー

犂鼎笋す″と猊要としている瓩龍目。それを見 極めるのは、慣れてくると、そんなに難しいコトじや なくなるはず。それはね、自分自身の美容部員、また はナースになるようなもの。まずは肌の手応えをきち んと確認するコトから始めて。 マカex

前の晩このくらいクリ ームをつけたら朝にはこうなった、今日はデイクリー ムをちょっとつけすぎたから、テカつたのかも……そ ういう具合に気づいてあげるコト。それがすごく重要 なの。朝、顔を洗うときも、肌がいい状態か悪い状態 かは、洗顔するときにしっかり見たり触ったりすれば わかるものだし、お化粧直しするときも、なぜ粉を吹 くのか、なぜテカるのか、足りているものは何か、余 分なものは何か……。そうやって自分で自分の肌を把 握していくコトが、すごく大切なんです。

スキンケアのノウハウ

アテニア 口コミ スキンケアに関しては、使う製品の価格が高いか安 いかよりも、自分の肌が十分に潤って保護されている かどうか。今の自分の肌に合ったものを適量使うコト、 これが一番ね。高いクリームを無理にケチって使うよ り、自分が使い続けられるクリームを適量使って、肌 が求めているケアをきちんと継続するってコト。

これがスキンケアの王道よ! そうして自分の美容部員として日々のケアを続けて いけば、いつか自分のためのベストなスキンケア法を 身につけられるはずです。

新着ニュース